#18 2021年2月第4週の家計簿公開

家計簿公開(週毎)

 本日は、2021年2月第4週の我が家の家計簿を公開します。皆様の家計管理に少しでもお役に立てれば幸いです。

私のプロフィールです。
 ・30代会社員。
 ・家族構成は妻・子の3人。
 ・平凡な年収ながら資産2,300万円超を達成
 ・家計管理やお金にまつわる有益な情報を発信できるようブログ運営をしております。

収入について

 以前の記事でも紹介しましたが、収入については家計簿(正確には毎週分)には記録しておりません。

 収入の増減に合わせて毎月の予算を決めていたら、家計が安定しません。

 少なくとも、向こう1年は同じ金額で予算を組んで家計をやり取りするように心がけましょう。

 予算を組む際の収入額は「残業代等を含まない基本給のみ」で考えることをおすすめします。残業が少なかったり全くなかった月に家計をやりくりするのが困難になり赤字に陥りがちです。 

 「余ったら貯金」ではお金は貯まりづらいです。「先取貯金」をして余ったお金で生活していく方がお金は貯まりやすいです。

・家計簿に収入額は記載していない
・「余ったお金を貯金」ではお金は貯まりづらい

2月第4週の支出について

 支出について紹介します。

  • 食   費 : 6,013円
  • 日用品費  : 3,872円
  • ガソリン代 :     0円
  • 水 道 代 :     0円 

  2月第4週の支出額については以上の通りになりました。

 今回で2月も終了。

 2月も無事にすべての項目で予算内に収めることが出来ました。

 と、言ってもガソリン代に関しては臨時の収入が無ければ大赤字になっているところでしたが・・・^^;実家様様です・・・がこれは反省です。

 それぞれの項目についてコメントしていきたいと思います。

食費

 食費については6,013円です。

 2月は4週しかないので、

 25,000円 ÷ 4週 = 

 6,250円

 を1週間あたりで使える計算となるので予算内には収めることが出来ました。

 今回は2月の最終週でした。第3週が終わった時点で残り7,500円ほど余っていました。毎回このカテゴリの記事で述べていましたが、

 5週ある月だと食費のやりくりがかなり厳しくなるので、4週しかない月(予算に余裕のある)のうちに調味料等保存がきいて今後絶対に使うようなものを補充しておくことを心がけております

 と、言うことでそれを今回の買い物で実施してきました。3月は5週あるわけではないのですが、余裕がある時に備えておくことは何においても大事なことだと考えております。

 

 我が家では基本的に食品はイオンで買っているのですがその際に、ワオンカードを使っているのでそこで発生した端数については来月に繰り越す他ないのでその月の予算に端数が発生するようになっております。

 なので、3月の食費の予算は25,497円となります。

・毎月1週間ごとの使用可能額を算出しその範囲内でやりくりする
・余裕のある月に先を見据えた買い出しを実施する
・倹約ばかりせずたまには贅沢もする(お金が余ったら)

日用品費

 今週は、3,872円の支出となりました。

 今回のこの支出に関しても食費同様「備え」によるものでありました。

 特に「いますぐ必要!」な物もなかったのですが、2月の最終週にして予算が余っていたので「今後絶対使う消耗品」として子ども用のオムツを購入しました。

 ヤマダ電機の株主優待で購入したオムツがまだほぼ手付かずで残ってはいたものの「予算を使い切る」という観点から購入しました。何より、大セールとかでめちゃくちゃ安かった!!

 日用品は使わないときは使わないですが、使う時は一気に使ったりします。

 多額の支出を要する事が不意に発生したりしますので家計の管理も重要になってきます。

 あまり支出がなかった月に洗剤や歯磨き粉、トイレットペーパー等の絶対に使う消耗品類を買い溜めておく等心がけるようにしておくことは家計管理において重要事項であります。

未来を見据えた出費を心がける

ガソリン代

 今週はガソリン代の支出は発生いたしませんでした。

 実家からの臨時収入を使わせてもらうことによってガソリン代の赤字を発生させることなく今月を終えることが出来ました。

 ガソリン代やほかの費目のお金が足らなくなったときは、他の余裕のある費目から流用してなんとか毎月の予算が赤字にならないようにやりくりしていこうと考えております。

・支出が発生しない週も当然ある。
・その予算で不足になりそうなら他の予算から流用する。

水道代

 水道代の支出についても発生しておりません。

 私の住んでいる市町村では水道代は2か月に1回の徴収です。

 1月に支払いを済ませていますので、今月は水道代の徴収は発生しません。

 しかしながら、予算については徴収のある月からのみから確保するのではなく徴収の無い月からも確保するようにしております。

 こうすることによって月の予算が平均化して家計管理が楽になりますし、金銭的負担も緩和されます。

・光熱費については努力のわりに節約効果が薄くストレスがたまる
・(確定している)未来の出費に備え毎月積み立てておく

最後に

 2月第4週の家計簿公開でした。

 何度も述べますが、実家からの臨時収入がなければ今月は赤字になっていました。ガソリン代の赤字を埋めるために他の費目から流用するようにしている、と言っても食費も日用品費もかなりカツカツの状況となっていてそれも難しかったでしょう。

 来月からは今回こういった状況に陥ったことを考えてもう少し余裕のある家計のやりくりを心がけていきたいと思います。

 今後も毎週公開していこうと考えておりますが、私が大事だと感じていたり文や言葉は使いまわしていこうと考えておりますのでご了承ください。

 家計管理において何か少しでも参考になることがあれば幸いです^^

 今後も逐次家計管理について情報を発信していく予定ですので、ご購読していただけますと嬉しいです^^

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村

クリックして頂けますとブログ運営のモチベーションとなります^^家計管理に役立つブログもたくさん掲載されています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました