#52 カタログギフト再び! 日本管財より株主優待

株主優待

 前回の株主優待の記事でご紹介したKDDIと沖縄セルラー。

 各銘柄2名義分ずつ保有しており計4名義分の株主優待・カタログを頂いという記事をアップさせて頂きましたが、今回も引き続きカタログギフトである日本管財から株主優待を頂いたのでご紹介させて頂きます。なお、日本管財については1名義分しか保有しておりません。

 今話題の「株主優待」について少しでもご興味のある方を是非ご覧になってみてください。

私のプロフィールです。
 ・30代会社員。
 ・家族構成は妻・子の3人。
 ・平凡な年収ながら資産2,500万円超を達成(2021年3月)。
 ・家計管理やお金にまつわる有益な情報を発信できるようブログ運営をしております。

株主優待とは

 株主優待について今では(私が初めて優待目的で投資を始めた十数年前と比較して)頻繁にメディアに取り上げられたりしておりますので、説明する間でもないとは思いますが簡単に。

 株主優待とは、対象の企業の株を保有していると、その企業から頂ける「優待品」という名のサービスや商品等々のことです。

 優待品にも様々な種類があって、有名どころで言うと

 ・オリックスやKDDIのカタログギフト(←今回はこれです!)
 ・たばこで有名なJTの自社商品(パック飯やカップラーメン←JTはこれらの商品も取り扱っています)

 ・ヤマダ電機の自社で使える割引券

 ・神戸物産(業務スーパーで有名)のクオカード

 等々他にもさまざまあります。

 企業側としては株主優待制度を実施することで、株主を増やして企業の認知度を上げたりといったメリットがあるために導入しているようです(制度を取り入れていない企業もあります)

 余談ですが、私が初めてもらった株主優待はコンビニエンスストア「スリーエフ」の優待でスリーエフでつかえる商品券2,000円分でした。半年に1回、1年に2回で年間4,000円分の商品券がもらえたと記憶しております。当時私は中学生でしたのでかなり重宝しました^^

日本管財とは

 日本管財株式会社は東京都中央区日本橋に本社を、兵庫県西宮市六湛寺町に本店を置く、マンション管理など建物管理事業を中心とする会社である。またグループ全体で環境衛生施設管理事業(浄水場・下水処理場・清掃工場・放射性廃棄物処理施設等)、警備業などを展開している。

Wikipediaより引用

  特に太線で記した部分が重要であると考え、堅実なビジネスモデルとして今後も安定的な利益を生み出しそれらを株主還元してくれるのではないか、と個人的には考えております。

株主優待の内容

 それでは本題の日本管財の株主優待についてご紹介していきます。まずは画像からご覧ください。

カタログギフトの内容は

 前回のKDDIと沖縄セルラーは3,000円分のギフトでしたが、日本管財のカタログギフトは2,000円分のものとなっています。画像のコメントにも記載しましたが、ギフトの内容としてはKDDI等と一緒で飲食品が主となっています、日用品系の食品以外の商品もKDDI等と比較すると多く選べるようになっています。以下が商品一覧です。ご参考にどうぞ。

 ギフトの内容

  1. はえぬき(米・2kg)
  2. 紀州南高梅ハチミツ入り梅干し(230g)
  3. フリーズドライたまごスープ・スープ春雨セット
  4. 十勝牛大和煮缶詰詰合せ(85g×2)
  5. 今半アソートギフト(ふりかけ・味のり・お茶漬けの素等)
  6. 北海道産焼き鮭詰合せ(3種の味、計4枚)
  7. ファイブミニッツ・ミーツマダムミニッツの芦屋カリー(200g×4)
  8. ほてるISAGO神戸ビーフカレー(200g×4)
  9. 小田口屋鹿児島さつま揚げ本枯節天((8g×8個入り)×6)
  10. 〈和一心〉お茶漬けセット(3種の味、計15食)
  11. たらこあおさ海苔佃煮(90g×2)
  12. こだわりソースの煮込みハンバーグ(120g×4)
  13. 大分産乾椎茸こうしん(45g)
  14. 手延べ素麺豊穣(50g×18)
  15. 雪塩120gセット(120g×3、本)
  16. 〈肴七味屋〉かえし(200ml×2)
  17. 信州蕎麦(200g×4)
  18. 特選優美彩(オイル・だし等)
  19. キャラメルスプレッド(170g)
  20. エキストラバージンオリーブオイル(218g)
  21. 鎌田醤油だし醤油7個詰合せ(200ml×7)
  22. マルトモかつお節詰合せ((2.5g×16袋)×2)
  23. 〈愛知・なごやきしめん亭〉きしめん詰合せ(めん220g×6、つゆ25g×8)
  24. 博多とんこつラーメン(麺90g、スープ29g×各8)
  25. 稲庭うどん(80g×7)
  26. 優雅亭かりん糖ギフト(5種の味×各2)
  27. 銀座チョコレートケーキギフト(ケーキ、ドリップコーヒー×3)
  28. 林檎俱楽部サンふじリンゴジュース(1l×3)
  29. 万葉庵和菓子詰合せ(饅頭×8、どらやき×4)
  30. ドミニクドゥーセの店スイーツバラエティ(ケーキ、サブレ)
  31. ミル・ガトースイーツアソート(クッキー、パイ、ラングドシャ)
  32. 超特選惣花純米吟醸(720ml)
  33. 銀座鹿乃子ふわっと焼きまん詰合せ(焼きまん、昆布茶、煎茶ティーバッグ)
  34. グラノーラカカオ(100g×2)
  35. チーズパウンドケーキ・スイーツアソート(パウンドケーキ、バウムクーヘン)
  36. ショコラボAギフト(ドライフルーツチョコレート等)
  37. ペアビヤーグラスセット
  38. 〈ハリオ〉リーフティーポット。ピュア360ml
  39. 彩花飯碗
  40. 〈イワキ〉ボウル3点セット
  41. 〈イワキ)パック&レンジ角型3点セット
  42. 電子レンジ用ゆでたまごメーカー
  43. 〈ディアーノ〉IH対応マーブル玉子焼き
  44. IH対応片手鍋(16cm)
  45. アリエール&クリーンギフト
  46. 洗える肩口フィット枕(小さめ)
  47. モバイル機器類保護ケース
  48. ベルギー製ウィルトン織メダリオン柄マット(レッド)
  49. ベルギー製ウィルトン織メダリオン柄マット(グリーン)
  50. LEDランタンミニ
  51. ペスカロロメンズベルト
  52. タケダブラシ携帯用リップブラシ平筆(黒)
  53. ギャッツビージャンプ長傘(ネイビー)
  54. 10LEDヘッドライト
  55. アーテックブロック(ビビット)
  56. アタック&ピュアスタイルギフト
  57. フリクションボール3ウッド(こすると消える3色ボールペン)

 以上57点となります。KDDIが51点でしたので、それよりも6点多いラインナップとなっています^^

保有年数数に対する優待券の発行枚数 

 日本管財は、残念ながら(?)保有株式数に応じて優待のグレードがアップしていく制度がありません。しかしながら、3年以上保有でグレードアップし且つ1年に2回優待がもらえるという制度になっております。内容は下記の通りです。

3年未満3年以上
 100株2,000円相当のカタログギフト(年2回) 3,000円相当のカタログギフト(年2回)

 

 3,000円のカタログがどんなものか気になります。今から楽しみです^^

優待利回りについて

 株を購入する際にチェックする指標の一つに「優待利回り」というものがあります。

 「株価に対してどれだけの価値の優待がもらえるか」と言う割合です。

例えば下記のような銘柄あったとします。(今回の例では手数料等は考慮しません)

・株価10万円(10万円で購入できるという事です)
・優待は年1回1,000円分のクオカード(年2回や4回もらえる銘柄もあります)

優待利回りの算出方法は 
 優待価格(1年間) ÷ 株価

で算出されますのでこの例のケースで言えば

1,000 ÷ 100,000 = 0.01 → 1%

という事になります。 

 優待利回りについて一般的には

 「3~4%もらえる銘柄が良い」

 と、よく言われています。

 利回りが低すぎると投資している旨味がありませんし、高過ぎるのも問題でそれだけ企業の業績を株主優待が圧迫する原因となりますので、優待の改悪や廃止となる可能性が高まってしまいます。

 100株、3年未満保有の場合

 株価(100株) 236,200円(2021年6月22日現在)
 優待         4,000円(年間) 

 上記の数字から計算すると、優待利回りは約1.6%となります。最近になって株価が値上がりしてきているので利回りも少しずつ下がってきています。

 私が購入したときは180,000円位だったので、利回りも2.2%ありました。

投資実績(累計受取配当金額と優待額)

 私自身の保有状況ですが、平成31年2月からの保有となっていますので、私の中では比較的保有期間が短い銘柄となっています。

 ・株主優待

  • 令和元年 6月 2,000円分のカタログギフト(ジュース)
  • 令和元年12月 2,000円分のカタログギフト(ハンバーグ)
  • 令和2年 6月 2,000円分のカタログギフト
  • 令和2年12月 2,000円分のカタログギフト(鮭)
  • 令和3年 6月 2,000円分のカタログギフト(ジュース)
  • 合計     10,000円分のカタログギフト

 

また、配当金については下記のとおりです。

 ・配当金

  • 令和元年 6月 1,993円
  • 令和元年12月 1,993円
  • 令和2年 6月 1,993円
  • 令和2年12月 1,993円
  • 令和3年 6月 2,152円
  • 合計     10,124円※税引き後の金額となります

 保有してから今年になって初めて増配をしてくれました。このまま長期保有して「優待グレードアップ」と「配当金増配」となっていけば嬉しいですね^^

最後に

 今回は日本管財の株主優待を紹介させて頂きました。優待利回り、配当利回りとも決して低いわけではないのですが高くもない地味な銘柄ではありますが、そのビジネスモデル、株主還元方針から今後期待できる銘柄だと思います。株主優待狙いの投資方針でも目先の優待利回りに囚われず、自分に合ったスタイルを模索・確立して楽しみながら資産形成をしていけたらいいと思います^^

 今後もこのような株主優待の紹介をしていこうと考えておりますので、まだ株式投資をやったことのない人、興味のある人は是非参考にしていただけたらな、と思います。

 また、私のこれまでの優待の実績(優待額)も公表していこうと思いますのでご参考にどうぞ。

 なお、こちらの実績については私が記録をつけ始めた2014年からとなっております。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村

ランキングに参加中です。クリックして頂けますとブログ運営のモチベーションになります^^家計管理に役立つ様々なブログも見られます

コメント

タイトルとURLをコピーしました