#55 化粧品が貰える株主優待 シーボン

株主優待

 6月は1年のうちで最も株主優待が届く月、ということで続々と株主優待が我が家に届いております^^

 今回ご紹介するのはシーボンという企業から届いた株主優待になります。こちらはの銘柄からは、自社製品である化粧品が株主優待としてもらう事が出来ます。女性に喜ばれそうな品物となっていますので、女性は勿論、男性も配偶者や恋人にプレゼントしてはいかがでしょうか^^

 今話題の「株主優待」について少しでもご興味のある方を是非ご覧になってみてください。

私のプロフィールです。
 ・30代会社員。
 ・家族構成は妻・子の3人。
 ・平凡な年収ながら資産2,500万円超を達成(2021年3月)。
 ・家計管理やお金にまつわる有益な情報を発信できるようブログ運営をしております。

株主優待とは

 株主優待について今では(私が初めて優待目的で投資を始めた十数年前と比較して)頻繁にメディアに取り上げられたりしておりますので、説明する間でもないとは思いますが簡単に。

 株主優待とは、対象の企業の株を保有していると、その企業から頂ける「優待品」という名のサービスや商品等々のことです。

 優待品にも様々な種類があって、有名どころで言うと

 ・オリックスやKDDIのカタログギフト
 ・たばこで有名なJTの自社商品(パック飯やカップラーメン←JTはこれらの商品も取り扱っています)

 ・ヤマダ電機の自社で使える割引券

 ・神戸物産(業務スーパーで有名)のクオカード

 等々他にもさまざまあります。

 企業側としては株主優待制度を実施することで、株主を増やして企業の認知度を上げたりといったメリットがあるために導入しているようです(制度を取り入れていない企業もあります)

 余談ですが、私が初めてもらった株主優待はコンビニエンスストア「スリーエフ」の優待でスリーエフでつかえる商品券2,000円分でした。半年に1回、1年に2回で年間4,000円分の商品券がもらえたと記憶しております。当時私は中学生でしたのでかなり重宝しました^^

シーボンとは

 株式会社シーボンは、神奈川県川崎市に本社を置く、化粧品の研究開発・製造・販売を行う日本の企業である。

Wikipediaより引用

 

 美容サロンも手がけているようで以前は、そのサロンの無料お試し券が優待のおまけとしてもらえていた時もありました。・・・今は無いようですが・・・。

株主優待の内容

 それでは本題の日本管財の株主優待についてご紹介していきます。まずは画像からご覧ください。

 後で詳細を記しますがシーボンは長期保有制度を取り入れていて、株を3年以上保有すると優待の内容がグレードアップする仕組みとなっています。

 私自身はこの3年以上保有の条件を満たしており、写真に掲載されている商品がそれになります。その点はあらかじめご了承ください。

優待内容の変遷

 前述した通り、私はシーボンの株を保有してすでに3年以上経過しております。

 この間、業績悪化の影響か少しずつ改悪が進められているように感じております。

 今回頂いた優待の価値は、会社から発表されている数字で「10,000円相当の品物」となっていますが、私が株を保有し始めの頃は3年以上保有した場合は「12,000円相当の品物」となっていました。

 また、今回は写真に載せた品物2点が優待として送られてくるようですが、以前はカタログ方式となっていて全部で2.30種類ある商品の中から、12,000円(3年以上保有の場合)分の商品を組み合わせて希望した品物が貰える、という制度でありました。

 さらに、前述した通り希望者にはシーボンの美容サロンの無料体験を行えるというチケットもおまけで貰えたという事もあり、今思うと大分グレードがダウンしてきたなぁという印象があります。

 最終的には優待廃止のリスクもあるかな、と個人的には考えているので良いタイミングが来たら売却を考えております・・・。

保有株式数・保有年数に対する優待券の発行枚数 

 シーボンには、前述した通り長期保有制度があり且つ保有株式数にも応じて優待のグレードがアップしていきます。大半の株主優待がそうであるように、シーボンも100株のみ保有してい場合が最も優待利回りが良くなるようになっています。以下に優待の詳細を記しておきます。

保有数1年以上3年未満保有3年以上保有
100株~500株未満自社製品  8,000円分自社製品 20,000円分
500株以上自社製品 20,000円分自社製品 25,000円分
年1回、3月の権利確定日に保有していた株主がもらえます。

 100株が最も優待利回りが良くなっていますが、500株・3年以上保有で貰える25,000円分という高額の株主優待も気になるところではありますね^^

優待利回りについて

 株を購入する際にチェックする指標の一つに「優待利回り」というものがあります。

 「株価に対してどれだけの価値の優待がもらえるか」と言う割合です。

例えば下記のような銘柄あったとします。(今回の例では手数料等は考慮しません)

・株価10万円(10万円で購入できるという事です)
・優待は年1回1,000円分のクオカード(年2回や4回もらえる銘柄もあります)

優待利回りの算出方法は 
 優待価格(1年間) ÷ 株価

で算出されますのでこの例のケースで言えば

1,000 ÷ 100,000 = 0.01 → 1%

という事になります。 

 優待利回りについて一般的には

 「3~4%もらえる銘柄が良い」

 と、よく言われています。

 利回りが低すぎると投資している旨味がありませんし、高過ぎるのも問題でそれだけ企業の業績を株主優待が圧迫する原因となりますので、優待の改悪や廃止となる可能性が高まってしまいます。

 100株・3年以上保有の場合

 株価(100株) 199,600円(2021年6月29日現在)
 優待        10,000円 

 上記の数字から計算すると、優待利回りは約5.0%となります。非常に高利回りで魅力的な株主優待と言えるかもしれません。3年未満保有でも約4.0%となっています。

 しかしながら、上にも記載されているように優待利回りは高ければ高いほど良いという物でもなく、実際にこの銘柄は過去もっと高額の株主優待でしたが、それが業績を圧迫したのか優待内容は改悪されています。

 また、優待としてもらえる商品自体の価値は10,000円かもしれませんが、それが自分にとって本当にその価値があるのかどうかも見極めなくてはいけません

 定価だったら10,000円かもしれませんが、どこかのネット通販で買えば8,000円で買える品物かもしれませんし、そもそも「自分は使わないし、上げる人もいない」なんて事になればただの不要品で価値は「0円」という事になります。

 株主優待を狙った投資をする方は、このような観点を持って投資するように心がけましょう。くれぐれも、ただ単に「高額の株主優待が貰える!」という事だけで投資しないように!

投資実績(累計受取配当金額と優待額)

 私自身の保有状況ですが、平成27から株主となっていますので、私の中でもかなり古参の銘柄となっています。この記事を書くにあたって調べたのですが、自分でもびっくり!です^^;

 ・株主優待

  • 平成28年 6月  5,000円分の自社製品(当時は1年未満、)
  • 平成29年 6月 10,000円分の自社製品(1年以上3年未満、)
  • 平成30年 6月 10,000円分の自社製品(3年以上の区分に分かれていました)
  • 令和 元年 6月 12,000円分の自社製品(やっと最高額に達したのに)
  • 令和 2年 6月 10,000円分の自社製品(その恩恵を享受できたのは)
  • 令和 3年 6月 10,000円分の自社製品(元年の1回だけ・・・)
  • 合計       57,000円分の自社製品

 

また、配当金については下記のとおりです。

 ・配当金

  • 平成27年12月 2,391円
  • 平成28年 6月 1,594円
  • 平成28年12月 1,594円
  • 平成29年 6月 1,594円
  • 平成29年12月 1,594円
  • 平成30年 6月 1,594円
  • 平成30年12月 1,594円
  • 令和 元年 6月 1,594円
  • 令和 元年12月 1,594円
  • 合計      15,143円※税引き後の金額となります

 途中までは頑張って(?)配当金額を維持し続けてくれていましたが、令和2年より無配に転落しております。株主優待、配当金ともに悪化し続けているの非常に危険な銘柄とも言えましょう・・・。

最後に

 今回はシーボンの株主優待を紹介させて頂きました。優待と配当金の利回りを足し合わせると非常に魅力的な数字を残してくれている銘柄と言えます。しかしながら、文中にも記載したように「減配傾向にある」、「優待の改悪が徐々に進んでいる」と言った不安要素だらけである事には間違いありません。かなり古参な銘柄という事で、私がまだ「株主優待の価値(金額)」だけに注目して株を買いあさっていた時期の遺産とも言えるかもしれません。皆様はこれを反面教師と捉えて株式投資をする際の判断基準に取り入れて頂けたら幸いです。

 シーボンは、今後も要監視銘柄として定期的な確認を実施していこうと考えております。

  今後もこのような株主優待の紹介をしていこうと考えておりますので、まだ株式投資をやったことのない人、興味のある人は是非参考にしていただけたらな、と思います。

 また、私のこれまでの優待の実績(優待額)も公表していこうと思いますのでご参考にどうぞ。

 なお、こちらの実績については私が記録をつけ始めた2014年からとなっております。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村

ランキングに参加中です。クリックして頂けますとブログ運営のモチベーションになります^^家計管理に役立つ様々なブログも見られます

コメント

タイトルとURLをコピーしました