#8 株主優待 業務スーパー

株主優待

 前回の記事で我が家の総資産を公表した際に株式投資をしているというお話をさせて頂きました。

 今回はその株式投資に関連するお話で、最近メディアでもよく取り上げられている「業務スーパー」でおなじみの神戸物産という会社から株主優待をいただきましたのでそのご紹介になります。

 「神戸物産という銘柄、株主優待に興味がある」といった方の参考になれば幸いです。

私のプロフィールです。
 ・30代会社員、家族構成は妻・子の3人。
 ・平凡な年収ながら資産2,000万円超を達成。
 ・家計管理やお金にまつわる有益な情報を発信できるようブログ運営をしております。

 

株主優待とは

 こちらについても今では頻繁にメディアに取り上げられたりしておりますので、説明するまでもないとは思いますが簡単に。

 対象の企業の株を保有していると、その企業から頂ける優待品という名のサービスや商品のことです。

 優待品にも様々な種類があって、有名どころで言うと

 ・オリックスやKDDIのカタログギフト
 ・たばこで有名なJTの自社商品(パック飯やカップラーメン←JTはこれらの商品も取り扱っ  ています)
 ・ヤマダ電機の自社で使える割引券
 ・今回ご紹介する神戸物産のクオカード

 等々他にもさまざまあります。

 企業側としては株主優待制度を実施することで、株主を増やして企業の認知度を上げたりといったメリットがあるために導入しているようです(制度を取り入れていない企業もあります)

 余談ですが、私は初めてもらった株主優待は「スリーエフ」の優待でスリーエフでつかえる商品券2,000円分でした。確か半年に1回、1年に2回もらえたと記憶しております。当時私は中学生だったのでかなり重宝しました^^

神戸物産とは

 業務スーパーと言えばわかる人もかなりいると思いますが、神戸物産と聞くとピンと来る人も減るのではないでしょうか。

 私自身もそうでした^^;

事業概要
・業務スーパーや、ビュッフェレストラン、惣菜店などを直営及びフランチャイズ本部、エリアフランチャイズ本部として運営。また、その加盟店への経営ノウハウの指導や援助。
・海外での商品開発やその自社輸入、また、それら商品の加盟店への供給。
・再生可能エネルギーを活用した発電所の運営。

神戸物産第35期年次報告書より引用

テレビ番組で特集されているのを見て興味を持ち、

 業務スーパーの割引券が株主優待でもらえるという事を知り、我が家もよく行くので、株を購入したといった経緯となっております。

 なお、業績や今後の見通し等企業分析に関するお話については私の専門外なので今回は(と言うか今後も)させて頂きません。

株主優待の内容

 さて、今回頂いた優待品ですが

 クオカード1,000円分でした!!

 ・

 ・

 ・ 

 さきほど、株主優待として「業務スーパーで使える割引券」がもらえると説明したのですが、私が購入した当初(令和2年10月頃)はそうでした。

 が、実際郵送で優待が届いて封を開けてみてびっくり(事前に情報があったのかは不明ですが私人はその時に初めて知りました)。

 中身はなんとクオカードでした!

 ちなみにこう言った優待内容の変更は割とあります。

 今回のように「割引券がクオカードになった」何て言うのは全然問題ないのですが、

 「1,000円分の優待品が500円分に」

 と言った改悪や、最悪

 「優待制度廃止」

 という事もままあります。

 当然株主優待は企業の負担になりますので業績が悪化したりしたらそう言った流れになるのは自然です。

 もし、今後株主優待を求めて株式投資を始めようと思っておられる方は十分に気を付けてください。

 さて、話は戻りまして優待の中身がクオカードだったという件ですが、同封されていた説明書を読んでみるとどうやら過去に優待の割引券の偽造品が流通したためだったそうです。

 このようなケースで優待品が変更になるというのは私自身は初めての経験です。

 しかしながら、希望者には「クオカードと割引券の交換」を行ってくれるそうです。

 クオカードはコンビニや書店で使えるので重宝しているのですが、せっかくの機会なので交換をお願いしてみました。

 現物が届いたらまた紹介させて頂きますね^^

 現在の優待内容の詳細については下記のとおりです。

保有株式数3年未満保有3年以上保有
100株以上1000株未満クオカード1,000円分クオカード3,000円分
1000株以上2000株未満クオカード10,000円分クオカード15,000円分
2000株以上クオカード15,000円分クオカード20,000円分
変更後。変更前は金額が同じで、クオカードが割引券となっておりました。

現物到着!(追記)

 4月28日↑に記していた、クオカードとの引き換え品の物が届きました!!

 前の記事ではクオカードと業務スーパーの割引券を交換してくれる、と記載しましたが申し訳ありません、私の勘違いだったようで割引券ではなく自社製品との交換でした・・・。

 私は100株保有ですので、1,000円分の自社製品が贈られてきました。

  • イタリアン粉チーズ85g
  • スパゲッティ1.6mm 500g
  • ライトツナフレーク缶(かつお油漬)80g×4缶
  • ラグジュアリッチコーヒー(中深煎り)400g

 上記の4点です。

 1枚目の写真にも書いてある通り、「世界の本物」をコンセプトとしているそうです。どれも美味しそうです^^♪

 我が家でも全て消費できるものだったのでありがたく頂きたいと思います^^ 

優待利回りについて

 株を購入する際にチェックする指標の一つに「優待利回り」というものがあります。

 「株価に対してどれだけの価値の優待がもらえるか」と言う割合です。

 

例えば下記のような銘柄あったとします。(今回の例では手数料等は考慮しません)

・株価10万円(10万円で購入できるという事です)
・優待は年1回1,000円分のクオカード(年2回や4回もらえる銘柄もあります)

優待利回りの算出方法は 
 優待価格(1年間) ÷ 株価

で算出されますので今回のケースで言えば

1,000 ÷ 100,000 = 0.01 → 1%

という事になります。 

 この優待利回りについては

 「3~4%もらえる銘柄が良い」

 と、よく言われています。

 利回りが低すぎると投資している旨味がありませんし、高過ぎるのも問題でそれだけ企業の業績を株主優待が圧迫する原因となりますので前述した優待の改悪や廃止となる可能性が高まってしまいます。

 今回の神戸物産の場合

 株価 約285,000円 (私が購入した価格(株価は日々変動します))
 優待 1,000円

 となりますので

 利回りは約0.35%となります。

 「ん?低いじゃん」

 と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、私がこの銘柄に投資したのは優待目的のみというわけではありません。先ほどの「利回り3~4%」というのは優待目的で投資する場合の指標として捉えて頂ければと思います。

 また、この銘柄には長期保有制度というのがあって「長く保有し続ければ優待の内容を良くしますよ」という企業からの株主への感謝の気持ちみたいなものですかね。

 3年以上保有すると1,000円分から3,000円へと額がアップします。

 それを加味すると利回りも1%を超えていきます。

 また、株を保有していると配当金というものがもらえる事があります。

 利益の1部を株主に還元してくれるものです。

 神戸物産の場合は今回は100株につき3,000円の配当金でした。

 配当利回りというものもあるのですが、算出方法は優待利回りと同様ですので、

 こちらについても1%超(税金を考慮せず)となります。

 3年以上保有している方については、優待3,000円分と配当金3,000円がもらえてトータルでは2%以上の利回りを得られるということとなっています。

 銀行にお金を預けているだけでは、確実にもらえなかったお金です!

最後に

 当然ながら、株価が優待や配当金以上に値下がりしてしまったら利回りも何もあったものではありません。

 しかしながら、事前によく企業を分析することでそのリスクを減らすことも可能です。

 銀行に預けていればお金が減ることはありませんが、そのお金の価値が下がっていくというリスクがあります。

 最近では消費税の増税がありましたよね?

 今までは税込み10,800円で買えたものが11,000円出さないと買えなくなってしまいました。

 銀行に10,800円を1年間置いておいても利息で1円にしかなりませんが、これを株に投資して2%の利回りで運用していたら約11,000円になっています。

 今後資産を形成していく上で株式投資というものは欠かせないものになってきていると個人的には思っております。

 始めるきっかけとして「株主優待目的」というのは良いきっかけになると思います。

 今後もこのような株主優待の紹介をしていこうと考えておりますので、まだやったことのない人は是非参考にしていただけたらな、と思います。

 また、私のこれまでの優待の実績(優待額)も公表していこうと思いますのでご参考にどうぞ。

 なお、こちらの実績については私が記録をつけ始めた2014年からとなっております。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました